おバカ影潜め…スザンヌに欠けるバツイチママタレの“役割”

公開日: 更新日:

 15日のイベントで「この一年を四字熟語で表すと?」と聞かれ「人生楽ありゃ、苦もあるさ」と返答。「四字熟語じゃない」と指摘されると「猪突猛進」と言い直して笑いを誘った。この3月、元福岡ソフトバンクホークス投手の斉藤和巳氏(現・野球解説者)と離婚したスザンヌがまさに「猪突猛進」の勢いでタレント業を活発化させている。

 レギュラーはRKB毎日放送(福岡のTBS系列局)の「豆ごはん。」のみ。しかし、この10月は「2015年秋日テレ系人気番組No1.決定戦」「輝きYELL!」(ともに日本テレビ系)などに単発で出演し、“バツイチママタレ”のポジションを確立している。

 “バツイチママタレ”といえば千秋、青木さやか、新山千春などが代表格。結婚・離婚や子育てなどトークのネタが幅広く、苦労を経験したうえでの含蓄ある意見が言える女性、という“役割”が期待されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  2. 2

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    自民コロナ陽性も濃厚接触者ゼロ 保健所“上級国民”優遇か

  8. 8

    実父は有名な成功者 菅首相は苦労人どころか“お坊ちゃん”

  9. 9

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  10. 10

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

もっと見る