おバカ影潜め…スザンヌに欠けるバツイチママタレの“役割”

公開日: 更新日:

 15日のイベントで「この一年を四字熟語で表すと?」と聞かれ「人生楽ありゃ、苦もあるさ」と返答。「四字熟語じゃない」と指摘されると「猪突猛進」と言い直して笑いを誘った。この3月、元福岡ソフトバンクホークス投手の斉藤和巳氏(現・野球解説者)と離婚したスザンヌがまさに「猪突猛進」の勢いでタレント業を活発化させている。

 レギュラーはRKB毎日放送(福岡のTBS系列局)の「豆ごはん。」のみ。しかし、この10月は「2015年秋日テレ系人気番組No1.決定戦」「輝きYELL!」(ともに日本テレビ系)などに単発で出演し、“バツイチママタレ”のポジションを確立している。

 “バツイチママタレ”といえば千秋、青木さやか、新山千春などが代表格。結婚・離婚や子育てなどトークのネタが幅広く、苦労を経験したうえでの含蓄ある意見が言える女性、という“役割”が期待されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  7. 7

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  8. 8

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    「いきなり!ステーキ」米国上場廃止 NYでなぜ総スカン?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る