• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
西村賢太
著者のコラム一覧
西村賢太作家

 1967年東京都江戸川区生まれ。中卒。07年「暗渠の宿」で野間文芸新人賞、11年「苦役列車」で第144回芥川賞を受賞。近著に「痴者の食卓」などがある。

藤澤清造の最期の地芝公園

西村賢太氏(C)日刊ゲンダイ

「小説現代」での連載、そして取りまとめた単行本「東京者がたり」(講談社)でもトリを飾ったのは「芝公園」である。大正期の私小説作家・藤澤清造が狂凍死した場所。偏愛する作家ゆかりの地に生家ではなく、終焉の場所を選んだ。

「僕にとって他に替え難い存在である…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事