• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「週刊文春」から“Woman”発売 女性編集長はどんな人?

「週刊文春」初の女性版が来年元日に発売される。その名もズバリ「週刊文春Woman」(全194ページ、430円)。男性向けの総合週刊誌として産声を上げて57年、同誌史上初の女性編集長が辣腕を振るった。

 私の会社人生がかかっています(笑い)――。井崎彩編集長(40)からの連絡メールには“男前”な覚悟がつづられていた。文芸春秋は今年3月、プランを社内で公募。「週刊文春の女性版を出したい」という井崎氏の企画が、16年元日にセブン―イレブンで発売する臨時増刊号として採用になったという。

「『週刊文春』読者の4~5割を女性が占めるようになり、四半世紀。単純計算ですが、発行部数66万部に0.4をかけたら26・4万部。これは女性月刊誌の発行部数に引けを取らない数字であり、週刊誌という枠を超え、実は世の中の多くの女性から支持されているのではないかなあと。実際に週刊文春を自腹で買っている女性の声も多く聞きます。雑誌が売れない時代にコアなファンがついているのなら企画としてアリだなと考えたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

もっと見る