「週刊文春」から“Woman”発売 女性編集長はどんな人?

公開日: 更新日:

「週刊文春」初の女性版が来年元日に発売される。その名もズバリ「週刊文春Woman」(全194ページ、430円)。男性向けの総合週刊誌として産声を上げて57年、同誌史上初の女性編集長が辣腕を振るった。

 私の会社人生がかかっています(笑い)――。井崎彩編集長(40)からの連絡メールには“男前”な覚悟がつづられていた。文芸春秋は今年3月、プランを社内で公募。「週刊文春の女性版を出したい」という井崎氏の企画が、16年元日にセブン―イレブンで発売する臨時増刊号として採用になったという。

「『週刊文春』読者の4~5割を女性が占めるようになり、四半世紀。単純計算ですが、発行部数66万部に0.4をかけたら26・4万部。これは女性月刊誌の発行部数に引けを取らない数字であり、週刊誌という枠を超え、実は世の中の多くの女性から支持されているのではないかなあと。実際に週刊文春を自腹で買っている女性の声も多く聞きます。雑誌が売れない時代にコアなファンがついているのなら企画としてアリだなと考えたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る