「週刊文春」から“Woman”発売 女性編集長はどんな人?

公開日: 更新日:

「週刊文春」初の女性版が来年元日に発売される。その名もズバリ「週刊文春Woman」(全194ページ、430円)。男性向けの総合週刊誌として産声を上げて57年、同誌史上初の女性編集長が辣腕を振るった。

 私の会社人生がかかっています(笑い)――。井崎彩編集長(40)からの連絡メールには“男前”な覚悟がつづられていた。文芸春秋は今年3月、プランを社内で公募。「週刊文春の女性版を出したい」という井崎氏の企画が、16年元日にセブン―イレブンで発売する臨時増刊号として採用になったという。

「『週刊文春』読者の4~5割を女性が占めるようになり、四半世紀。単純計算ですが、発行部数66万部に0.4をかけたら26・4万部。これは女性月刊誌の発行部数に引けを取らない数字であり、週刊誌という枠を超え、実は世の中の多くの女性から支持されているのではないかなあと。実際に週刊文春を自腹で買っている女性の声も多く聞きます。雑誌が売れない時代にコアなファンがついているのなら企画としてアリだなと考えたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  2. 2

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る