「アースシェイカー」西田昌史さんが今明かす“結婚秘話”

公開日:  更新日:

 ラウドネスや聖飢魔Ⅱなど、80年代は多くのハードロックバンドが活躍した。アースシェイカーもそのひとつ。「MORE」などのヒット曲を懐かしく思い出す。ボーカルの“MARCY”こと西田昌史さん(56)、今どうしているのか。

 会ったのは地下鉄茅場町駅に近い弊社の会議室。ロッカーらしいとんがったファッションながら、ニコニコ笑っている。

「ハードロッカーは怖そう? それは単なるイメージですよ。実際に怖い雰囲気出してたら、社会で生きていけません!」

 西田さん、まずはこう言った。今もロッカーではあるわけだ。

「アースシェイカーを続けてます。ファンやスタッフの応援と協力、それとボクらがとにかく音楽が好きだから、やってこれたんでしょう。1、2年に1枚アルバムを出し、毎年ツアーで全国を回る。去年は20本、30周年とか区切りの年だと、50本近くになります。東京だと主に赤坂BLITZやEX THEATER ROPPONGIかな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る