• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
原田悠里
著者のコラム一覧
原田悠里歌手

1954年、熊本・天草市出身。82年デビュー、85年「木曽路の女」がヒット、今年デビュー35周年を迎える。2016年3月「女…みぞれ雨」をリリース。

<第1回>坂本冬美さんからのメールで故郷の地震を知った

「木曽路の女」に代表される旅情演歌の原田悠里さん(61)は今年が歌手生活35周年。ファンには元気な歌声を届けながら、人知れず抱えていたのが両親の問題。父親の急逝から現在の母親の介護までを初めて語ってもらった。その直後に起きたのは故郷・熊本の大地震。第1回では今も余震が続く被災地への思いを――。

  ◇  ◇  ◇

 14日に起きた最初の地震には月並みですが、本当に驚きました。私は出身が天草。熊本市内から一般道路と有料道路で、2時間ちょっとのところです。九州は地震が少ない土地柄で、震度7なんて想像もできないことですから。

 地震を知ったのは公演のために宮城から山形にバスで移動の途中。坂本冬美さんが「熊本で震度7の地震! 大丈夫?」というメールを送ってくれました。みんなで「え!? 大変じゃないの」と大騒ぎに。母は私が引き取って老人ホームにいますが、実家が残っているし、親戚もいるのですぐ電話をしました。でも、最初はまったくつながらなくて。その後、やっと連絡が取れて、天草は震度5だけど建物が壊れず、津波の心配はないというのでひとまずホッとしました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る