リオ選考大会V ブレーク必至の猫ひろしをTV局が争奪戦

公開日:  更新日:

 いま、各テレビ局が壮絶な奪い合いを展開しているのが“芸能人最速マラソンランナー”の異名を誇る、お笑い芸人の猫ひろし(38)。今月8日、カンボジア・カンポート州で行われたリオデジャネイロ五輪男子マラソンの代表選考大会で優勝したことから俄然、日本のテレビ界が盛り上がりを見せている。

「猫は大会前の記録が五輪選考委員会が定める標準タイム2時間19分0秒には及ばず、当初は諦めムードだった」(猫と親しい関係者)が、ここにきて風向きが変わりだした。カンボジアの五輪委員会の采配次第では、猫が代表選手としてリオ五輪に出場できる可能性が出てきたのだ。

「猫は11年に同国の国籍を取得し、12年ロンドン五輪のカンボジア代表に一度は選ばれているんです。しかし、当時の国際陸連から猫が参加資格を満たしていないとカンボジアの五輪委員会に異例の勧告が行われ、この話は流れてしまった。おまけにジャパンマネーを使い、選手人口の少ないカンボジアまで行き、国籍まで取得して代表選手になろうとした行為が売名だとして、バッシングされることになってしまったんです」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る