• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リオ選考大会V ブレーク必至の猫ひろしをTV局が争奪戦

 いま、各テレビ局が壮絶な奪い合いを展開しているのが“芸能人最速マラソンランナー”の異名を誇る、お笑い芸人の猫ひろし(38)。今月8日、カンボジア・カンポート州で行われたリオデジャネイロ五輪男子マラソンの代表選考大会で優勝したことから俄然、日本のテレビ界が盛り上がりを見せている。

「猫は大会前の記録が五輪選考委員会が定める標準タイム2時間19分0秒には及ばず、当初は諦めムードだった」(猫と親しい関係者)が、ここにきて風向きが変わりだした。カンボジアの五輪委員会の采配次第では、猫が代表選手としてリオ五輪に出場できる可能性が出てきたのだ。

「猫は11年に同国の国籍を取得し、12年ロンドン五輪のカンボジア代表に一度は選ばれているんです。しかし、当時の国際陸連から猫が参加資格を満たしていないとカンボジアの五輪委員会に異例の勧告が行われ、この話は流れてしまった。おまけにジャパンマネーを使い、選手人口の少ないカンボジアまで行き、国籍まで取得して代表選手になろうとした行為が売名だとして、バッシングされることになってしまったんです」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る