• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リオ選考大会V ブレーク必至の猫ひろしをTV局が争奪戦

 いま、各テレビ局が壮絶な奪い合いを展開しているのが“芸能人最速マラソンランナー”の異名を誇る、お笑い芸人の猫ひろし(38)。今月8日、カンボジア・カンポート州で行われたリオデジャネイロ五輪男子マラソンの代表選考大会で優勝したことから俄然、日本のテレビ界が盛り上がりを見せている。

「猫は大会前の記録が五輪選考委員会が定める標準タイム2時間19分0秒には及ばず、当初は諦めムードだった」(猫と親しい関係者)が、ここにきて風向きが変わりだした。カンボジアの五輪委員会の采配次第では、猫が代表選手としてリオ五輪に出場できる可能性が出てきたのだ。

「猫は11年に同国の国籍を取得し、12年ロンドン五輪のカンボジア代表に一度は選ばれているんです。しかし、当時の国際陸連から猫が参加資格を満たしていないとカンボジアの五輪委員会に異例の勧告が行われ、この話は流れてしまった。おまけにジャパンマネーを使い、選手人口の少ないカンボジアまで行き、国籍まで取得して代表選手になろうとした行為が売名だとして、バッシングされることになってしまったんです」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る