リオ選考大会V ブレーク必至の猫ひろしをTV局が争奪戦

公開日:  更新日:

 いま、各テレビ局が壮絶な奪い合いを展開しているのが“芸能人最速マラソンランナー”の異名を誇る、お笑い芸人の猫ひろし(38)。今月8日、カンボジア・カンポート州で行われたリオデジャネイロ五輪男子マラソンの代表選考大会で優勝したことから俄然、日本のテレビ界が盛り上がりを見せている。

「猫は大会前の記録が五輪選考委員会が定める標準タイム2時間19分0秒には及ばず、当初は諦めムードだった」(猫と親しい関係者)が、ここにきて風向きが変わりだした。カンボジアの五輪委員会の采配次第では、猫が代表選手としてリオ五輪に出場できる可能性が出てきたのだ。

「猫は11年に同国の国籍を取得し、12年ロンドン五輪のカンボジア代表に一度は選ばれているんです。しかし、当時の国際陸連から猫が参加資格を満たしていないとカンボジアの五輪委員会に異例の勧告が行われ、この話は流れてしまった。おまけにジャパンマネーを使い、選手人口の少ないカンボジアまで行き、国籍まで取得して代表選手になろうとした行為が売名だとして、バッシングされることになってしまったんです」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る