福山雅治に代わる“最後の独身” 斎藤工が人気再上昇中

公開日: 更新日:

 イケメン俳優・斎藤工(34)が異常な(?)人気になっている。

 斎藤を表紙&巻頭ページに起用した広島県の観光プロモーション究極ガイドブック第3弾「カンパイ!広島県 広島秘境ツアーズ」がWEBでは即品切れ、銀座の「広島ブランドショップTAU」などにはガイドブックを求めて行列ができる騒ぎになっている。

 昨年は奥田民生が登場して3週間で10万部が品切れになったとか。今の斎藤の売れっ子ぶりからして、奥田以上の反響になるのは確実だ。

 出演映画も多い。公開中の「高台家の人々」で綾瀬はるかと共演。上海国際映画祭で話題の「団地」にも出演、今後も7月2日公開の「全員、片想い」や福山雅治主演の「SCOOP!」など数本の映画を抱えている。「ドラマよりも映画志向が強い」(映画関係者)そうだ。

 CMも人気で、29日に「帝王賞」が開催される東京シティ競馬のイメージキャラクターなどを務めている。

 福山が結婚した今、もっとも注目の“独身”といえそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る