福山雅治に代わる“最後の独身” 斎藤工が人気再上昇中

公開日:  更新日:

 イケメン俳優・斎藤工(34)が異常な(?)人気になっている。

 斎藤を表紙&巻頭ページに起用した広島県の観光プロモーション究極ガイドブック第3弾「カンパイ!広島県 広島秘境ツアーズ」がWEBでは即品切れ、銀座の「広島ブランドショップTAU」などにはガイドブックを求めて行列ができる騒ぎになっている。

 昨年は奥田民生が登場して3週間で10万部が品切れになったとか。今の斎藤の売れっ子ぶりからして、奥田以上の反響になるのは確実だ。

 出演映画も多い。公開中の「高台家の人々」で綾瀬はるかと共演。上海国際映画祭で話題の「団地」にも出演、今後も7月2日公開の「全員、片想い」や福山雅治主演の「SCOOP!」など数本の映画を抱えている。「ドラマよりも映画志向が強い」(映画関係者)そうだ。

 CMも人気で、29日に「帝王賞」が開催される東京シティ競馬のイメージキャラクターなどを務めている。

 福山が結婚した今、もっとも注目の“独身”といえそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る