本命が小林幸子なら大穴は? 今年の紅白“演歌枠”は大混戦

公開日:  更新日:

 専属契約をめぐって事務所とゴタゴタしていた福田こうへい(39)のトラブルがようやく解決し、福田自身が「紅白歌合戦」への意欲を口にしたことで、演歌界がザワついている。

 ただでさえ減少傾向にある“演歌枠”に福田が戻って来るとなると、「今年は誰が入って誰が落ちるのか」というわけだ。

「確かに福田が戻る可能性は大です。また昨年は特別企画で紅白に復帰した小林幸子も今年は正規組にカウントされるでしょう。さらに昨年、周囲からは“当確”と見られながら、最後の最後で落選した市川由紀乃も有力視されている。もう一人、過去18回の出場歴がありながら、昨年は落選してしまった香西かおりも今年は復帰出来そうです」(音楽プロデューサー)

 ちなみに昨年の紅白の“演歌枠”は男6人、女7人(小林幸子を除く)で合計13人。このうち森進一は“卒業宣言”しているから、小林の指定席は確保されたも同然。問題は誰が当落線上になるか、だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る