本命が小林幸子なら大穴は? 今年の紅白“演歌枠”は大混戦

公開日: 更新日:

 専属契約をめぐって事務所とゴタゴタしていた福田こうへい(39)のトラブルがようやく解決し、福田自身が「紅白歌合戦」への意欲を口にしたことで、演歌界がザワついている。

 ただでさえ減少傾向にある“演歌枠”に福田が戻って来るとなると、「今年は誰が入って誰が落ちるのか」というわけだ。

「確かに福田が戻る可能性は大です。また昨年は特別企画で紅白に復帰した小林幸子も今年は正規組にカウントされるでしょう。さらに昨年、周囲からは“当確”と見られながら、最後の最後で落選した市川由紀乃も有力視されている。もう一人、過去18回の出場歴がありながら、昨年は落選してしまった香西かおりも今年は復帰出来そうです」(音楽プロデューサー)

 ちなみに昨年の紅白の“演歌枠”は男6人、女7人(小林幸子を除く)で合計13人。このうち森進一は“卒業宣言”しているから、小林の指定席は確保されたも同然。問題は誰が当落線上になるか、だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

  9. 9

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  10. 10

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る