• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本命が小林幸子なら大穴は? 今年の紅白“演歌枠”は大混戦

 専属契約をめぐって事務所とゴタゴタしていた福田こうへい(39)のトラブルがようやく解決し、福田自身が「紅白歌合戦」への意欲を口にしたことで、演歌界がザワついている。

 ただでさえ減少傾向にある“演歌枠”に福田が戻って来るとなると、「今年は誰が入って誰が落ちるのか」というわけだ。

「確かに福田が戻る可能性は大です。また昨年は特別企画で紅白に復帰した小林幸子も今年は正規組にカウントされるでしょう。さらに昨年、周囲からは“当確”と見られながら、最後の最後で落選した市川由紀乃も有力視されている。もう一人、過去18回の出場歴がありながら、昨年は落選してしまった香西かおりも今年は復帰出来そうです」(音楽プロデューサー)

 ちなみに昨年の紅白の“演歌枠”は男6人、女7人(小林幸子を除く)で合計13人。このうち森進一は“卒業宣言”しているから、小林の指定席は確保されたも同然。問題は誰が当落線上になるか、だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る