歌の話や恋バナも 橋幸夫が語る“美空ひばり宅”での家飲み

公開日: 更新日:

 1960年に股旅ものの「潮来笠」でデビューし、吉永小百合とデュエットした「いつでも夢を」などで2度も日本レコード大賞を受賞した橋幸夫さん(73)。デビュー55年を過ぎ、シングル「ちゃっきり茶太郎」をリリース、股旅ものを20年ぶりで歌う。そんな橋さんが飲む相手は――。

  ◇  ◇  ◇

 オヤジが酒飲みだったもんですから、ボクも小学校低学年の頃から飲まされてました。といっても、正月ぐらいですけどね。本格的に飲み始めたのは大人になってからで、一時は焼酎に凝って泡盛が好きでしたけど、基本的にはなんでも飲む。

 食べ物もなんでも好きだから、今は肉だったら赤ワインって感じで、女房が出してくれる食事のメニューに合わせて。

 酒量は還暦を過ぎてから減って、ほとんど家で女房を相手に晩酌するぐらい。女房は飲まないから、ボクもまずはビール、その後ワインをグラス1、2杯飲んで終わりですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る