なぜか自撮りズラリ 「SMAP解散」で相次ぐファンの怪行動

公開日:  更新日:

 SMAPの解散決定を受け、ファンの動揺が止まらない。報道があった14日未明以降、ネット上では解散を悲しむファンの過剰反応ともとれる“怪行動”が相次いでいる。

 まず挙げられるのが、シングル「世界に一つだけの花」の購買運動。1月にはSMAP解散阻止のために巻き起こったが、今度は“有終の美を飾らせる”という目的で再燃。「Amazon」売れ筋ランキングの音楽部門にランクインすると、15日にはあっという間に1位に浮上した。

 ツイッター上でも不可解な現象が起こっている。<SMAP解散? まじ?><なんで!? 嫌だよ!>といった悲鳴に加え、なぜか自撮り写真を添付したツイートが続出。解散を悲しんでいるのに、その多くはいわゆる「決め顔」なのである。

 今回のような自撮りツイートは大地震発生時にも増加することで知られ、4月の熊本地震でも多く見られた。熱狂的なファンにとって、SMAPの解散は大規模災害と同じくらいの衝撃だったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る