なぜか自撮りズラリ 「SMAP解散」で相次ぐファンの怪行動

公開日: 更新日:

 SMAPの解散決定を受け、ファンの動揺が止まらない。報道があった14日未明以降、ネット上では解散を悲しむファンの過剰反応ともとれる“怪行動”が相次いでいる。

 まず挙げられるのが、シングル「世界に一つだけの花」の購買運動。1月にはSMAP解散阻止のために巻き起こったが、今度は“有終の美を飾らせる”という目的で再燃。「Amazon」売れ筋ランキングの音楽部門にランクインすると、15日にはあっという間に1位に浮上した。

 ツイッター上でも不可解な現象が起こっている。<SMAP解散? まじ?><なんで!? 嫌だよ!>といった悲鳴に加え、なぜか自撮り写真を添付したツイートが続出。解散を悲しんでいるのに、その多くはいわゆる「決め顔」なのである。

 今回のような自撮りツイートは大地震発生時にも増加することで知られ、4月の熊本地震でも多く見られた。熱狂的なファンにとって、SMAPの解散は大規模災害と同じくらいの衝撃だったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  7. 7

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  8. 8

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  9. 9

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る