マッドマックスの“花嫁”が成長 ハリウッド超大作で存在感

公開日:  更新日:

 神と人間が共存していた古代エジプトを舞台とした映画、その名も「キング・オブ・エジプト」(アレックス・プロヤス監督)が今週9日から公開となる。ヒロインのザヤを演じるのは、オーストラリア出身のコートニー・イートン。立て続けに大作に起用され、日本でも人気急上昇中だ。

 全身鮮緑色のパンタロン風ジャージー姿で現れ、「Hi、オゲンキデスカ?」。はにかんだ笑顔がキュートだ。

 来日は今回で2度目。以前、交換留学で訪れた際は世田谷を拠点にしていたそうで、「学校では日本語の勉強もしたんだけれど、復習していないから、いまはだいぶさびついてます。だから、覚えている日本語は『オゲンキデスカ?』『オナマエハ?』『モウ ヒトツ クダサイ!』ぐらい(笑い)」。

 身長178センチ、抜群のプロポーションが目を引くが「身長はお父さん、鼻はおばあちゃん、肌の色はお母さん。誰かひとりに似たというより、いろいろと混ざっている」。オーストラリア人の父とニュージーランド人の母の間に生まれ、アジア系やマオリ族の血も引くという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る