もう番宣? 大晦日“ガキ使”で登場のバス写真が今年も拡散

公開日:  更新日:

 7日午後から、年末恒例の“お笑い番組”の収録を想起させる謎の画像がツイッターを中心に拡散され話題になっている。

 出回っているのは4枚の画像で、すべてに路線バスのような1台の大型バスが写っている。白色の車体には深い青色で「ガースー黒光り科学研究所」なる文字が躍るほか、バスの行き先を示す方向幕にも同じフレーズが書かれている。

 あるアカウントが、<今年のガキ使は「絶対に笑ってはいけない科学研究所24時」かな?>と前述の画像4点付きでツイートすると、またたく間にリツイートが100回以上に。その後情報が広がるにつれ、<今年もガキ使のバス目撃情報が始まったか><良かった今年も(番組が)ある~>など、同シリーズの放送を待ち望む声が殺到したほか、<今年も面白そーじゃん!>と、期待を寄せるコメントも相次いでいる。


 実は昨年のこの時期にも、同様の出来事は起こっている。11月上旬からツイッター上では、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」(日本テレビ系)の大晦日特番「笑ってはいけないシリーズ」に使用されると思しきバスの目撃証言や画像がツイッター上で拡散。同月中旬には、「絶対に笑ってはいけない名探偵24時!」というタイトルで同特番の大晦日放送が発表され、事前に拡散されていたバスも実際に放送に登場したのだ。

 なお、昨年の大晦日の放送中の平均視聴率は、第1部が17.6%、第2部が15.3%をマーク、NHK紅白歌合戦の裏番組ではトップを獲得した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。番組放送の正式発表はまだないものの、今年も高視聴率獲得に向け、準備だけは着々と進んでいるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る