「ランナーである前に芸人」 猫ひろし“マラソン続行”秘話

公開日: 更新日:

「内定を取り消されてから、なぜか足がむくみ、原因不明の痛みに襲われました。たぶん、精神的なものだったんでしょうね。3カ月ほどまったく走ることができませんでした」

 猫とマラソンの出合いは12年前に遡る。芸能事務所「ワハハ本舗」に所属し、真っ赤なシャツを着て「ニャー」と叫ぶギャグで徐々に認知度が上がっていたが、テレビ番組で与えられる猫の持ち時間はいつも1分程度。芸人としての立ち位置を模索していた。そんな時、目立ちたい一心で出場したバラエティー番組「オールスター感謝祭」(TBS系)の「赤坂ミニマラソン」が転機となった。

「マラソンはギャグと違ってゴールまでカメラがずっとボクのことを追ってくれる。〈芸人として目立つにはこの道しかない〉と確信しました。ジムに通い始め、08年には東京マラソンに挑戦。本格的にマラソンにのめり込みました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る