草彅剛 主演ドラマ「嘘の戦争」で果たす“打倒キムタク”

公開日: 更新日:

「どうしてここまで評価が対照的なのか」と、ファンも思っているかも知れない。

 元SMAPのドラマ対決は、草彅剛(42)主演で7日放送のフジテレビ系「嘘の戦争」第5話が平均11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と前回から0.4ポイントながら上昇。2話連続で視聴率ダウンの木村拓哉(44)主演ドラマ「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)の前回平均に0.8ポイント差まで肉薄している。悪評ふんぷんの木村に対し、草彅が俳優としての高評価を改めて見せつけている格好なのである。

「数字だけで見ると、木村さんに軍配が上がりますが、草彅さんはフジテレビのドラマというところを忘れてはならない。ずっと、視聴率1ケタ台と低迷中のフジで、2ケタ維持で奮闘しているのですからね。また、通常のドラマは3回、4回目には少し数字が落ちるものですが、逆に上げている。これは草彅さんの魅力、演技力によるものでしょう」と芸能リポーターの城下尊之氏は言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る