日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

草彅剛 主演ドラマ「嘘の戦争」で果たす“打倒キムタク”

「どうしてここまで評価が対照的なのか」と、ファンも思っているかも知れない。

 元SMAPのドラマ対決は、草彅剛(42)主演で7日放送のフジテレビ系「嘘の戦争」第5話が平均11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と前回から0.4ポイントながら上昇。2話連続で視聴率ダウンの木村拓哉(44)主演ドラマ「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)の前回平均に0.8ポイント差まで肉薄している。悪評ふんぷんの木村に対し、草彅が俳優としての高評価を改めて見せつけている格好なのである。

「数字だけで見ると、木村さんに軍配が上がりますが、草彅さんはフジテレビのドラマというところを忘れてはならない。ずっと、視聴率1ケタ台と低迷中のフジで、2ケタ維持で奮闘しているのですからね。また、通常のドラマは3回、4回目には少し数字が落ちるものですが、逆に上げている。これは草彅さんの魅力、演技力によるものでしょう」と芸能リポーターの城下尊之氏は言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事