• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

67歳で映画デビュー 吉田類氏が語る仕事と遊びの極意

 BS―TBS「吉田類の酒場放浪記」でお馴染みの吉田類(67)がこのたび、「吉田類の『今宵、ほろ酔い酒場で』」なる作品(6月10日公開)で映画初出演、初主演を果たす。意気込みのほどを聞いた。

――映画はお好きだと。

「子どもの頃から映画館に潜り込んでね、小林旭に赤木圭一郎、裕次郎の日活アクションなんか全部見てましたよ。高知の山奥に住んでいたんで、新聞配達のトラックに乗せてもらって、市内まで出かけて行ったりしたのを覚えてます」

――それなら、なおのこと銀幕デビューはうれしかったのでは。

「映画出演のオファーは今回が初めてじゃないんです。他の仕事もあり、時間が取れなかったんですけど、今回はヒチコックみたいな映画の案内役、ナビゲーターだけの出演だと思っていたんですよ。役もあってセリフ付きと分かったのは仕事を受けた後。ロケでは変装していたのに一発で僕だと周辺のサラリーマンにバレて驚きましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る