• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

67歳で映画デビュー 吉田類氏が語る仕事と遊びの極意

 BS―TBS「吉田類の酒場放浪記」でお馴染みの吉田類(67)がこのたび、「吉田類の『今宵、ほろ酔い酒場で』」なる作品(6月10日公開)で映画初出演、初主演を果たす。意気込みのほどを聞いた。

――映画はお好きだと。

「子どもの頃から映画館に潜り込んでね、小林旭に赤木圭一郎、裕次郎の日活アクションなんか全部見てましたよ。高知の山奥に住んでいたんで、新聞配達のトラックに乗せてもらって、市内まで出かけて行ったりしたのを覚えてます」

――それなら、なおのこと銀幕デビューはうれしかったのでは。

「映画出演のオファーは今回が初めてじゃないんです。他の仕事もあり、時間が取れなかったんですけど、今回はヒチコックみたいな映画の案内役、ナビゲーターだけの出演だと思っていたんですよ。役もあってセリフ付きと分かったのは仕事を受けた後。ロケでは変装していたのに一発で僕だと周辺のサラリーマンにバレて驚きましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事