• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

67歳で映画デビュー 吉田類氏が語る仕事と遊びの極意

 BS―TBS「吉田類の酒場放浪記」でお馴染みの吉田類(67)がこのたび、「吉田類の『今宵、ほろ酔い酒場で』」なる作品(6月10日公開)で映画初出演、初主演を果たす。意気込みのほどを聞いた。

――映画はお好きだと。

「子どもの頃から映画館に潜り込んでね、小林旭に赤木圭一郎、裕次郎の日活アクションなんか全部見てましたよ。高知の山奥に住んでいたんで、新聞配達のトラックに乗せてもらって、市内まで出かけて行ったりしたのを覚えてます」

――それなら、なおのこと銀幕デビューはうれしかったのでは。

「映画出演のオファーは今回が初めてじゃないんです。他の仕事もあり、時間が取れなかったんですけど、今回はヒチコックみたいな映画の案内役、ナビゲーターだけの出演だと思っていたんですよ。役もあってセリフ付きと分かったのは仕事を受けた後。ロケでは変装していたのに一発で僕だと周辺のサラリーマンにバレて驚きましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る