67歳で映画デビュー 吉田類氏が語る仕事と遊びの極意

公開日:

 BS―TBS「吉田類の酒場放浪記」でお馴染みの吉田類(67)がこのたび、「吉田類の『今宵、ほろ酔い酒場で』」なる作品(6月10日公開)で映画初出演、初主演を果たす。意気込みのほどを聞いた。

――映画はお好きだと。

「子どもの頃から映画館に潜り込んでね、小林旭に赤木圭一郎、裕次郎の日活アクションなんか全部見てましたよ。高知の山奥に住んでいたんで、新聞配達のトラックに乗せてもらって、市内まで出かけて行ったりしたのを覚えてます」

――それなら、なおのこと銀幕デビューはうれしかったのでは。

「映画出演のオファーは今回が初めてじゃないんです。他の仕事もあり、時間が取れなかったんですけど、今回はヒチコックみたいな映画の案内役、ナビゲーターだけの出演だと思っていたんですよ。役もあってセリフ付きと分かったのは仕事を受けた後。ロケでは変装していたのに一発で僕だと周辺のサラリーマンにバレて驚きましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る