吉田類が指南 一軒は持ちたい「自分だけの店」探し方・作り方

公開日:  更新日:

「女将、領収書ちょうだい!」──サラリー族を長年やっていると、毎回こんなフレーズを発するのが気恥ずかしくなってくる。40歳を過ぎたら、仕事の帰りにフラリと寄れる“自分だけの店”が欲しいもの。どうやって探したらいいか。

“自分だけの店”というからには「仕事の接待には使わない」「払いは自腹」「会社の同僚とは行かない(行くのは1人)」が基本。こんな店を1軒持っていれば、一瞬でも仕事のウサは忘れられるし、ちょっぴり大人になったような気もしてくる。

 本紙で「酒場100選」を連載中の吉田類さんが言う。

「人気店は回転率が良く、厨房をフル稼働させているから店の温度も高い。そこにオーラが見えてくる。それはいい匂いだったり、笑い声だったりしますが、店の前に立ってみれば初めての人でも一目瞭然。ボクだったらこんな店を“自分だけの店”にしたいね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る