• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

吉田類が指南 一軒は持ちたい「自分だけの店」探し方・作り方

「女将、領収書ちょうだい!」──サラリー族を長年やっていると、毎回こんなフレーズを発するのが気恥ずかしくなってくる。40歳を過ぎたら、仕事の帰りにフラリと寄れる“自分だけの店”が欲しいもの。どうやって探したらいいか。

“自分だけの店”というからには「仕事の接待には使わない」「払いは自腹」「会社の同僚とは行かない(行くのは1人)」が基本。こんな店を1軒持っていれば、一瞬でも仕事のウサは忘れられるし、ちょっぴり大人になったような気もしてくる。

 本紙で「酒場100選」を連載中の吉田類さんが言う。

「人気店は回転率が良く、厨房をフル稼働させているから店の温度も高い。そこにオーラが見えてくる。それはいい匂いだったり、笑い声だったりしますが、店の前に立ってみれば初めての人でも一目瞭然。ボクだったらこんな店を“自分だけの店”にしたいね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る