キムタク失態も救う カンヌの杉咲花をマナー専門家が賞賛

公開日:

 一難去ってまた一難、元SMAP木村拓哉にまたもやバッシングの嵐だ。仏で開催中の第70回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットでの立ち居振る舞いについて、〈自己チュー〉〈ドン引き〉などと問題視する声が日本国内で続出。具体的には、振り袖に身を包んだ女優の杉咲花(19)をエスコートするどころか、ズボンのポケットに左手を突っ込んだままスタスタと階段を上るというジェントルマンにはあるまじき失態を演じてしまったのだ。

 予兆はあった。主演映画「無限の住人」を引っ提げ、13年ぶりに同映画祭へ返り咲きを果たしたキムタク。それがたとえアウト・オブ・コンペティション部門での出品、つまり評価対象外の“おまけ”だとしても気分は高揚し緊張もしたのだろう。リムジンを降りたときから唇を舌でなめ、不安やストレスを抱えている様子が見て取れた。いくら英語が得意とはいえ、「イエス。もう、一番、一番、うれしいです」などと日本語で返答するのがやっとであった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る