仕事場にもグラス常備 レーモンド松屋「酒は曲作りの友」

公開日: 更新日:

 ソングライターとして五木ひろし、香西かおり、角川博らのヒット曲を手掛ける超売れっ子のレーモンド松屋さん(65)。曲作りの原動力となっているのが取りも直さず酒だ。傍らには常にギターとグラスがある。

 ◇  ◇  ◇

 曲作りはライフワークになっています。基本的に夜、風呂に入り、食後に部屋にこもってハイボールやロック、季節によってはお湯割りを飲みながら、朝まで延々とやるのが基本パターン。酒は「曲作りの友」です。

 仕事場はいつでも飲めるようになっていて、ギターもズラッと並べていて、いつでも弾けるようになっています。寝ようかと思って横になった時にアイデアが浮かぶことがあって、そんな時もすぐに作業ができるように、ベッドの周りにもお酒とグラス、ギターは置いてあります。

 最大の利点は飲むとイメージが湧いてくることかな。モチーフの背景やキャラに膨らみが生まれて、ストーリーの流れも感動的になる。時々、自分の曲に感動して、泣きながら曲を書いている時があるのですが、そういう時はたいてい酔っぱらっている(笑い)。「お酒の力」とは言いたくないけど、降りてくるものがあるんです。どんどん自分が解放されて、本音のようなものがストレートに出せるようになる。もちろんできた曲に満足して寝たはずが、起きて見直したら「なんだこりゃ?」って時もあるんですけどね(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

  10. 10

    高嶋ちさ子“毒舌”を否定「これでも歯に衣着せてるんです」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る