船越反撃も…松居vsホリプロで行きつく“最悪のシナリオ”

公開日: 更新日:

「当初、普通ではない松居さんの様子に、船越さんや事務所は気を使い、あえて触れようとしなかった印象です。しかし、松居さんは静かになるどころか、言動は“加速”している。法的措置は、船越さんとしては当たり前のこと。ただし、事態は最悪なシナリオに向かって進んでいる気がします。これで松居さんが収まればいいですが、逆切れでもして、行動をエスカレートさせれば、行きつく先は“破滅”でしょう」

■松居支持者か行動を起こせば…

 松居サイドには、動画制作などを手伝っている「チーム松居」なる支援者たちが存在するという。ネットユーザーの中にも、松居の言うことを丸ごと信じて、支持している人もいるとみられる。

「支援する人たちの中に、松居をいさめるような人はいないと思われます。みな“主従関係”のような形でしょう。芸能界にもほとんど友達がおらず、連絡さえつかない。ただ、松居はカネを持っていて、優秀な弁護士を雇えるし、ネットを通じて人員は集められる。今後、行動が過激化して、NHKやホリプロの前で集団で抗議し、それをネットで中継するようなことも考えられます」(芸能関係者)

 誰にも手が付けられないカオス状態に突入する日がくるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  4. 4

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

  10. 10

    7/20~7/26のあなたの運勢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る