船越反撃も…松居vsホリプロで行きつく“最悪のシナリオ”

公開日: 更新日:

 松居一代(60)と、その夫で俳優の船越英一郎(57)の泥沼離婚劇が次のステージに入った。船越の誕生日だった21日、船越の所属事務所「ホリプロ」が、松居に対し名誉毀損や業務妨害を理由に、法的措置の準備に入ったと発表したのである。

 ネットを使った松居の執拗な暴言に対し、沈黙を守ってきた船越と事務所だったが、いよいよ“反撃”に出た格好だ。

 そりゃそうだ。これまでの松居の言動はあまりにひどい。ネット上で船越を「バイアグラ男」と罵倒したり、週刊誌上で船越がカツラを数十個持っていることを暴露したりと、個人情報をぶちまけまくっているのだ。船越がMCを務める「ごごナマ」を放送するNHKに対し、抗議するよう呼びかけるあたりは、まさに業務妨害ではないか。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  6. 6

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    フリーアナ古瀬絵理さんが酔うと…捕獲された宇宙人に?

  9. 9

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  10. 10

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

もっと見る