• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

船越反撃も…松居vsホリプロで行きつく“最悪のシナリオ”

 松居一代(60)と、その夫で俳優の船越英一郎(57)の泥沼離婚劇が次のステージに入った。船越の誕生日だった21日、船越の所属事務所「ホリプロ」が、松居に対し名誉毀損や業務妨害を理由に、法的措置の準備に入ったと発表したのである。

 ネットを使った松居の執拗な暴言に対し、沈黙を守ってきた船越と事務所だったが、いよいよ“反撃”に出た格好だ。

 そりゃそうだ。これまでの松居の言動はあまりにひどい。ネット上で船越を「バイアグラ男」と罵倒したり、週刊誌上で船越がカツラを数十個持っていることを暴露したりと、個人情報をぶちまけまくっているのだ。船越がMCを務める「ごごナマ」を放送するNHKに対し、抗議するよう呼びかけるあたりは、まさに業務妨害ではないか。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る