今や2児のママ 内田恭子は一時“女子アナCM女王”だった

公開日: 更新日:

 局アナからフリーへと活躍を続けた女子アナの中で、内田恭子(41)はモデル的な魅力を発揮した成功例だ。ドイツ生まれだが、2歳で帰国したためドイツ語は話せなかった。アメリカでの生活も経験し、人気女子アナに多い慶応大卒で、1999年にフジテレビ入社。同期には大橋マキと長谷川豊がいた。

 入社当初は大橋の方が仕事が多かった印象があるが、大橋が健康上の理由でわずか2年で退社したこともあり、内田はエース級の働きを見せた。

 フジの女子アナ育成パターンにのっとって、「笑っていいとも!」のテレフォンアナウンサーで顔を売り、2001年からは「感動ファクトリー・すぽると!」(のちの「すぽると!」)をスタートから担当。三宅正治のよきパートナーとして番組の顔になった。

 前身の「プロ野球ニュース」の顔だった中井美穂がミポリンなら、内田は小泉今日子とのかぶりから、“ウチキョン”と呼ばれたほどの美貌。しかし、後に“ウッチー”が正式な愛称になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  4. 4

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  5. 5

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  6. 6

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  7. 7

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る