今や2児のママ 内田恭子は一時“女子アナCM女王”だった

公開日:

 局アナからフリーへと活躍を続けた女子アナの中で、内田恭子(41)はモデル的な魅力を発揮した成功例だ。ドイツ生まれだが、2歳で帰国したためドイツ語は話せなかった。アメリカでの生活も経験し、人気女子アナに多い慶応大卒で、1999年にフジテレビ入社。同期には大橋マキと長谷川豊がいた。

 入社当初は大橋の方が仕事が多かった印象があるが、大橋が健康上の理由でわずか2年で退社したこともあり、内田はエース級の働きを見せた。

 フジの女子アナ育成パターンにのっとって、「笑っていいとも!」のテレフォンアナウンサーで顔を売り、2001年からは「感動ファクトリー・すぽると!」(のちの「すぽると!」)をスタートから担当。三宅正治のよきパートナーとして番組の顔になった。

 前身の「プロ野球ニュース」の顔だった中井美穂がミポリンなら、内田は小泉今日子とのかぶりから、“ウチキョン”と呼ばれたほどの美貌。しかし、後に“ウッチー”が正式な愛称になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る