今や2児のママ 内田恭子は一時“女子アナCM女王”だった

公開日: 更新日:

 局アナからフリーへと活躍を続けた女子アナの中で、内田恭子(41)はモデル的な魅力を発揮した成功例だ。ドイツ生まれだが、2歳で帰国したためドイツ語は話せなかった。アメリカでの生活も経験し、人気女子アナに多い慶応大卒で、1999年にフジテレビ入社。同期には大橋マキと長谷川豊がいた。

 入社当初は大橋の方が仕事が多かった印象があるが、大橋が健康上の理由でわずか2年で退社したこともあり、内田はエース級の働きを見せた。

 フジの女子アナ育成パターンにのっとって、「笑っていいとも!」のテレフォンアナウンサーで顔を売り、2001年からは「感動ファクトリー・すぽると!」(のちの「すぽると!」)をスタートから担当。三宅正治のよきパートナーとして番組の顔になった。

 前身の「プロ野球ニュース」の顔だった中井美穂がミポリンなら、内田は小泉今日子とのかぶりから、“ウチキョン”と呼ばれたほどの美貌。しかし、後に“ウッチー”が正式な愛称になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る