今や2児のママ 内田恭子は一時“女子アナCM女王”だった

公開日: 更新日:

「美形プラス癒やし系」の効果は抜群。「すぽると!」の内田のほほ笑みを見ながら眠りにつくサラリーマンは多かったに違いない。番組の中で中日の川上憲伸の名を「かわうえ」と呼んだのは有名。最近、バラエティーに出て、「深夜にもうろうとしながら読んでいると、自分の知り合いとごちゃごちゃになってくる」と当時を振り返って弁解した。

「ジャンクSPORTS」のレギュラーを9年間務めた。番組はスポバラ系が多い。中井のように「野球選手と結婚して辞めるのか」とファンに思われていたが、06年に吉本興業に務めるマネジャーと結婚。同年に退社し、その後、2児に恵まれた。

 フジの女子アナのバックステージが映された番組で、お菓子をバクバク食べていた記憶があるのだが、フリー後も変わらずスリムな体形で頻繁に女性誌の表紙やグラビアを飾る。電車の中吊り広告で見かける回数はモデル並み。カップ麺のCMでは美脚をあらわにするなど、女優に劣らぬ売れ方をしていた時期がある。

 前回の久保純子(元NHK)と並ぶ女子アナのCM女王といえる。

(作家・松野大介)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  7. 7

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  8. 8

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  9. 9

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る