殿堂入り人気 元フジ高島彩は日本の男のストライクゾーン

公開日: 更新日:

 東京出身で人気女子アナには珍しく外国暮らしの経験はなし。小学校から成蹊に通い、成蹊大学卒、2001年にフジテレビに入社した高島彩(38)。父は俳優の故・竜崎勝。日活の同期に高橋英樹がいる。竜崎、高橋のふたりの娘はともに、フジでアナウンサーになった。

 入社1年目に、深夜の15分間の冠番組「アヤパン」を持った。フジの女子アナの名前に「パン」をつける習慣については先輩の木佐彩子が最近ある番組で、「その代の売り出したい人になんとなくパンをつける」と分析した。

 もともと前番組「チノパン」は、司会を担当した千野志麻(40)からつけたもの。由来は「チノ・パンツ」を略した“チノパン”で、これがパンをつける最初になった。高島以降も生野陽子がショーパン、加藤綾子がカトパンときて山崎夕貴がヤマサキパンと行くとこまで行ってしまった感じ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  9. 9

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る