殿堂入り人気 元フジ高島彩は日本の男のストライクゾーン

公開日:

 東京出身で人気女子アナには珍しく外国暮らしの経験はなし。小学校から成蹊に通い、成蹊大学卒、2001年にフジテレビに入社した高島彩(38)。父は俳優の故・竜崎勝。日活の同期に高橋英樹がいる。竜崎、高橋のふたりの娘はともに、フジでアナウンサーになった。

 入社1年目に、深夜の15分間の冠番組「アヤパン」を持った。フジの女子アナの名前に「パン」をつける習慣については先輩の木佐彩子が最近ある番組で、「その代の売り出したい人になんとなくパンをつける」と分析した。

 もともと前番組「チノパン」は、司会を担当した千野志麻(40)からつけたもの。由来は「チノ・パンツ」を略した“チノパン”で、これがパンをつける最初になった。高島以降も生野陽子がショーパン、加藤綾子がカトパンときて山崎夕貴がヤマサキパンと行くとこまで行ってしまった感じ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  4. 4

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  5. 5

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る