殿堂入り人気 元フジ高島彩は日本の男のストライクゾーン

公開日:

 東京出身で人気女子アナには珍しく外国暮らしの経験はなし。小学校から成蹊に通い、成蹊大学卒、2001年にフジテレビに入社した高島彩(38)。父は俳優の故・竜崎勝。日活の同期に高橋英樹がいる。竜崎、高橋のふたりの娘はともに、フジでアナウンサーになった。

 入社1年目に、深夜の15分間の冠番組「アヤパン」を持った。フジの女子アナの名前に「パン」をつける習慣については先輩の木佐彩子が最近ある番組で、「その代の売り出したい人になんとなくパンをつける」と分析した。

 もともと前番組「チノパン」は、司会を担当した千野志麻(40)からつけたもの。由来は「チノ・パンツ」を略した“チノパン”で、これがパンをつける最初になった。高島以降も生野陽子がショーパン、加藤綾子がカトパンときて山崎夕貴がヤマサキパンと行くとこまで行ってしまった感じ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る