アガサのひ孫が語った 新作「オリエント急行」のポアロ像

公開日:

 アガサ・クリスティといえば「ミステリーの女王」と称され、200を超えるその著作は聖書とシェークスピアの次に多く人類に読まれたといわれるほど。中でも「オリエント急行の殺人」は斬新すぎるトリックで当時のミステリー界を揺るがした代表作だが、今回「オリエント急行殺人事件」(12月8日公開、20世紀フォックス映画配給)としてハリウッドで映画化された。アガサのひ孫でプロデューサーを務めるジェームズ・プリチャード氏が映画化への思いを語った。

「誰もが結末や犯人を知っているって指摘もありましたが、筋書きを変えることは絶対にあり得ない。それほどにあの原作は何度読んでも面白く、新たな発見を得られる傑作です」

 イスタンブール発のオリエント急行で欧州へ戻る途中、名探偵エルキュール・ポアロが遭遇する殺人事件。原作は1934年に発表された列車ミステリーの金字塔で、ポアロシリーズとしては8作目。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る