アガサのひ孫が語った 新作「オリエント急行」のポアロ像

公開日: 更新日:

 アガサ・クリスティといえば「ミステリーの女王」と称され、200を超えるその著作は聖書とシェークスピアの次に多く人類に読まれたといわれるほど。中でも「オリエント急行の殺人」は斬新すぎるトリックで当時のミステリー界を揺るがした代表作だが、今回「オリエント急行殺人事件」(12月8日公開、20世紀フォックス映画配給)としてハリウッドで映画化された。アガサのひ孫でプロデューサーを務めるジェームズ・プリチャード氏が映画化への思いを語った。

「誰もが結末や犯人を知っているって指摘もありましたが、筋書きを変えることは絶対にあり得ない。それほどにあの原作は何度読んでも面白く、新たな発見を得られる傑作です」

 イスタンブール発のオリエント急行で欧州へ戻る途中、名探偵エルキュール・ポアロが遭遇する殺人事件。原作は1934年に発表された列車ミステリーの金字塔で、ポアロシリーズとしては8作目。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る