新作で観客悩殺の水原希子 交際順調で結婚モードも急加速

公開日:

 女優・水原希子(26)のエロ化が凄まじい勢いで加速している。公開中の映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」(東宝系)では、周囲の男を惑わす小悪魔的ヒロインを好演。監督の大根仁氏が「『モテキ』の長澤まさみよりエロく撮る」と豪語したのもさもありなん。妻夫木聡(36)や新井浩文(38)を相手に上下ランジェリー姿でムチュムチュと濃厚なキスシーンを幾度となく披露し、観客を悩殺しまくっているのだ。

 映画評論家の秋本鉄次氏も「個人的には、長澤の大柄ボディーから放つ無防備なエロの方が好みですが……」と前置きしつつ、劇中の水原についてこう評価する。

「北川景子のような超絶美人ではないものの、ファニーフェースで魅力的。男女ともにコケティッシュな女性を好む人は一定層はいる。客観的に見て長澤とはいい勝負だと思います。なかでも水原は、お尻がいい。文句のつけようがない美しい形に加え、突き出すようなしぐさで男どもを誘惑していく。主人公の妻夫木がわが身を忘れてきりきり舞いさせられるのも、あの美尻ゆえ納得がいくってもんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る