元格闘家 大山峻護さんが振り返るグレイシー一族との死闘

公開日: 更新日:

 2001年、当時、無敗だったブラジルの総合格闘家、ヴァンダレイ・シウバとの試合で鮮烈な「PRIDE」デビューを飾った大山峻護さん(43)。クロアチアの“ターミネーター”ミルコ・クロコップら強敵との戦いで観客を沸かせ、PRIDEから離れた後も海外の団体で格闘家として活動、14年に引退した。今、どうしているのか。

■トレーナー業で引っ張りだこ

 大山さんに会ったのは、東京メトロ人形町駅からほど近いカフェ。現役時代と変わらない逆三角の体形にジャージー姿の大山さん、生き生きとした表情でこう語った。

「引退した直後、セカンドキャリアをどうしようかと、ものすごく悩んでいました。ちょうどそのころ、厚労省がメンタルヘルス不調の防止のため、企業にストレスチェックを義務づけたことを知ったんです。そこで、自分の経験を生かして世の中の人たちに元気になってもらおうと思い、格闘技とフィットネスを融合させたオリジナルのメンタルトレーニング法『ファイトネス』を考案しました。現在は企業への営業とパーソナルトレーナー業を兼務しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  4. 4

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  5. 5

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  6. 6

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  7. 7

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    【Q】浴室で腐乱も…まわりに孤独死した人が何人もいます

  10. 10

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る