• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元格闘家 大山峻護さんが振り返るグレイシー一族との死闘

 2001年、当時、無敗だったブラジルの総合格闘家、ヴァンダレイ・シウバとの試合で鮮烈な「PRIDE」デビューを飾った大山峻護さん(43)。クロアチアの“ターミネーター”ミルコ・クロコップら強敵との戦いで観客を沸かせ、PRIDEから離れた後も海外の団体で格闘家として活動、14年に引退した。今、どうしているのか。

■トレーナー業で引っ張りだこ

 大山さんに会ったのは、東京メトロ人形町駅からほど近いカフェ。現役時代と変わらない逆三角の体形にジャージー姿の大山さん、生き生きとした表情でこう語った。

「引退した直後、セカンドキャリアをどうしようかと、ものすごく悩んでいました。ちょうどそのころ、厚労省がメンタルヘルス不調の防止のため、企業にストレスチェックを義務づけたことを知ったんです。そこで、自分の経験を生かして世の中の人たちに元気になってもらおうと思い、格闘技とフィットネスを融合させたオリジナルのメンタルトレーニング法『ファイトネス』を考案しました。現在は企業への営業とパーソナルトレーナー業を兼務しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る