元格闘家 大山峻護さんが振り返るグレイシー一族との死闘

公開日:

 中学2年で柔道の私塾「講道学舎」(15年に閉塾)の門をたたき、作新学院高から国際武道大に進学。プロデビューまでは実業団の京葉ガスに所属するなど、柔道漬けの青春時代を過ごした。

 26歳の時にアメリカの格闘技団体主催の大会でプロデビューし、27歳で「PRIDE」に移籍。デビュー戦は、日本を代表する格闘家、桜庭和志を破った直後のヴァンダレイ・シウバだった。

「連勝街道まっしぐらだった桜庭さんがシウバに倒され、『シウバに勝てる日本人は誰だ?』ということで僕に白羽の矢が立ちました」

 いきなり“怪物”との対戦だったが、恐怖心はまったくなかったという。

「プロとしての経験が少なかったので、逆に怖いものなしでした。結果、プロの洗礼を浴びてしまうんですけど……」

 シウバに1ラウンドTKO負けを喫した大山さんは、その後、ブラジリアン柔術「グレイシー一族」のヘンゾ・グレイシーと対戦し、PRIDE初勝利を果たす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る