元格闘家 大山峻護さんが振り返るグレイシー一族との死闘

公開日:

 スーツケースに背広とジャージーを入れ、企業向けの研修や個人トレーニングの合間に打ち合わせや商談に奔走する。

「研修の際は、僕の現役時代の話もさせてもらっています。『どういう思いでいると、壁や試練を乗り越えられるか』という話です。そうして、エクササイズをやってもらうと、みなさんの取り組み方が違ってくるんです」

 大山さんの「ファイトネス」はSNSを通じて知られるようになり、今や大手企業も顧客に。最近は高校・大学など教育機関でも指導するほか、芸能人や経営者からの個人トレーニングの依頼もこなす多忙な日々だ。

■自分の腕が折られる音を聞きながら……

 さて、栃木県那須塩原市出身の大山さんの“原点”は、6歳で始めた柔道だった。

「強くなってヒーローになりたいと思って。強くなるには何かを始めなければと考えたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る