TBS吉田明世がダウン…女子アナは本当にいい商売なのか?

公開日: 更新日:

 長時間労働の改善といった働き方改革の波が、女子アナにも押し寄せている。

 吉田明世アナ(29)が「サンデー・ジャポン」の生放送中に貧血で倒れ途中退席するアクシデントがあったTBSでは、一部のアナウンサーに仕事が集中することについて、武田信二社長は「現場にお願いして改善を要請しているところです」と、先の定例会見で明かした。これは女性記者が過労死したNHKをはじめ、テレビ業界で叫ばれ続けている問題である。

 だが、女子アナに関しては、ただ労働時間を減らせばいいという問題ではないようだ。

「日テレのように、駅伝の取材を女子アナにもさせているケースもありますが、おおむね、今の女子アナの仕事は大変じゃない。売れっ子になれば、局内からのオファーも上司が断り、強制的に休みを取らされているくらいです。フジなんて、何かの現場リポートをするときも、決められた立ち位置で、与えられたコメントを読む程度。あるイベント会場で、芸能人に取材交渉をしているリポーターに『そんなことまでするんですか?』と言い放った勘違いアナまでいました」(民放関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る