芸人パシンペロンはやぶさが占う 2018年「芸能人の吉凶」

公開日: 更新日:

リーダーの都からが弱まり勝てば官軍の運勢

 昨年の新春特別号で小池百合子旋風が吹き荒れる中、「かき回して泡立てることはできても、水を抜くまではできない」、芸能界の薬物逮捕が続くなどガッツリ的中させた、スピリチュアル芸人のパシンペロンはやぶさがガツンと占う! 今年はさらに運気の上げ方も教えます。

 2018年はリーダーの力が弱まっている年で、手段問わず“勝てば官軍”の運気。その代表が角界です。白鵬(32)は勝ち続きでも、人気はダダ下がり。貴ノ岩(27)は土俵に戻っても成績を残すのは難しそう。貴乃花親方(45)は悪しき相撲界の体質に挑んでいるものの逆に救われる皮肉な暗示ですが、世間の誤解が解けず本人的には迷走。モンゴル力士陣は3派に分裂、本来の一匹狼的な性格がますます強く出るので、ルールを明確化しないと角界がグダグダになりそうです。

 お笑い界ではキングオブコントで優勝したかまいたちのようなコテコテの芸人より、不思議な空気感のにゃんこスターの方が“何でもアリ”の運気に乗りやすいでしょう。さらに的確にアドバイスをくれる人も出て、10月までに実力をつけるとレギュラー出演が増えそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

  10. 10

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

もっと見る