二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

ひふみんにYOSHIKI…異業種“参入”でバラエティーに新風

公開日: 更新日:

 今やバラエティー番組は日常生活に溶け込んでいる。「見飽きた」と思いながらもハマってしまう中毒性すら感じる。MCは明石家さんまを筆頭に大御所芸人が務め、ひな壇には芸人や女性タレントが並ぶ。お馴染みの光景ながら、番組によって中身を変えて差別化を図り視聴率を稼ぎ出す。この差別化のキーパーソンになるのがひな壇タレントたち。

 芸人にバラドルと食材のように色とりどり。同じ食材でも料理法で味も見た目も変わるように、タレントも飽きさせないネタの提供が必要となってくる。最近のバラエティーには既成タレントの他に別なジャンルから参加者が増えてきている。年末の番組ではアパ(ホテル)不倫で話題になった俳優の袴田吉彦が登場。

「バラエティーでスキャンダルのダメージを緩和させるのが目的でしょうが、アパ話限定で今後、バラエティーからのオファーが増える可能性もある」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る