二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

ひふみんにYOSHIKI…異業種“参入”でバラエティーに新風

公開日: 更新日:

 今やバラエティー番組は日常生活に溶け込んでいる。「見飽きた」と思いながらもハマってしまう中毒性すら感じる。MCは明石家さんまを筆頭に大御所芸人が務め、ひな壇には芸人や女性タレントが並ぶ。お馴染みの光景ながら、番組によって中身を変えて差別化を図り視聴率を稼ぎ出す。この差別化のキーパーソンになるのがひな壇タレントたち。

 芸人にバラドルと食材のように色とりどり。同じ食材でも料理法で味も見た目も変わるように、タレントも飽きさせないネタの提供が必要となってくる。最近のバラエティーには既成タレントの他に別なジャンルから参加者が増えてきている。年末の番組ではアパ(ホテル)不倫で話題になった俳優の袴田吉彦が登場。

「バラエティーでスキャンダルのダメージを緩和させるのが目的でしょうが、アパ話限定で今後、バラエティーからのオファーが増える可能性もある」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  3. 3

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  4. 4

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  5. 5

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  6. 6

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  7. 7

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  8. 8

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  9. 9

    “ハマのドン”藤木幸夫氏が横浜市長選めぐる質問に謎の大放言!海外プレスもア然

  10. 10

    東京五輪の野球で注目は、日本人選手より「日本でプレーする外国人選手」

もっと見る