七之助が“自嘲” 女性歌舞伎復活なら「おまんま食い上げ」

公開日: 更新日:

「おまんまの食い上げになってしまう」と、エスプリのきいた返しで会場を沸かせたのは、歌舞伎役者の中村七之助(34)である。26日に外国特派員協会で仏パリで行われる「松竹大歌舞伎」(9月13~19日、国立シャイヨー劇場)の記者発表会の席でのこと。

 報道陣から、大相撲の女性土俵問題にからめ、将来、歌舞伎の舞台に女性が上がる可能性について質問が及ぶと――。

「どうなんでしょうか。自由にご出演するというのはちょっと分からないですけれども、ないかもしれないですね」と言葉を濁したのは、一緒に登壇した中村獅童(45)。

 続いて、松竹・迫本淳一社長の「(古典の歌舞伎にある)阿国歌舞伎はもともと女性の芸術で復活するかもしれませんね」という補足説明に反応したのが、七之助。苦笑いしながら「女形としては、どうしても本物の女性の方がきれいなので勝てない。おまんまの食い上げになってしまうので困ります」と“自嘲”し、外国人記者をうならせた。

 4年前の夏に交際を報じられた恋人とのゴールインも間近とか。ノッてる男は違うねえ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  3. 3

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  4. 4

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  8. 8

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  9. 9

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  10. 10

    前澤氏と破局…剛力彩芽が目指すべきは上戸彩の「昼顔妻」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る