小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

山口事件もズバリ…モーリー・ロバートソンは直言が持ち味

公開日: 更新日:

診断結果は…【良】

 6日、TBS系「アッコにおまかせ!」のメインの話題はTOKIO山口達也が酒を飲み、NHKのEテレ「Rの法則」で共演している女子高生を呼び出してわいせつ行為に及んだ事件。

 他のメンバーによる記者会見が流れる中で和田アキ子は「お酒が悪いわけではない」「私は禁酒日を設けている」とアルコール問題にフォーカス。この論点はズレているのではと首をひねったが、さらに「4人の会見のコメントを聞いているとどんなに苦しかったかと思いますね」と続けた。

 そして、山口が出演している各局の番組の対応が説明されたのを受けてモーリー・ロバートソンがズバリ。

「メディアがジャニーズ事務所に過剰な配慮をしたということでしょう」

 メディアと大手芸能事務所の間にある曖昧で日本的な対応を皮肉る発言でもあった。「よくぞ言ってくれた」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る