「保毛男」論争 人権と情熱の間に横たわるコンプラ問題

公開日: 更新日:

 テレビはもっと自重するべきなのか、自重し過ぎているから面白くないのか――。そんな両論が湧き起こっている。

 ひとつはフジテレビ系バラエティーでの「保毛尾田保毛男(ほもおだ・ほもお)」問題。先の「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP」で、とんねるずの石橋貴明(55)が演じたこの約30年前のキャラクターに対し、視聴者からの抗議を受けて宮内正喜社長が謝罪したのに続き、番組公式サイトでも謝罪文が掲載された。

 朝日新聞は「『保毛尾田保毛男』なぜ使った?」とする記事でフジが今回の放送にいたった経緯を取材し、事前の映像チェックで「問題がないだろうか」との声はあったが、考査・倫理の担当部署との協議はしなかったという内情を報じた。そこで「LGBT(性的少数者)を取り上げる場合は、その人権に十分配慮する」との民放連放送基準に基づき各局がガイドラインを設けているとし、性的少数者のみならずコンプライアンス重視を徹底すべきとする昨今のテレビ界の風潮を伝える内容だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る