「保毛男」論争 人権と情熱の間に横たわるコンプラ問題

公開日:

 テレビはもっと自重するべきなのか、自重し過ぎているから面白くないのか――。そんな両論が湧き起こっている。

 ひとつはフジテレビ系バラエティーでの「保毛尾田保毛男(ほもおだ・ほもお)」問題。先の「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP」で、とんねるずの石橋貴明(55)が演じたこの約30年前のキャラクターに対し、視聴者からの抗議を受けて宮内正喜社長が謝罪したのに続き、番組公式サイトでも謝罪文が掲載された。

 朝日新聞は「『保毛尾田保毛男』なぜ使った?」とする記事でフジが今回の放送にいたった経緯を取材し、事前の映像チェックで「問題がないだろうか」との声はあったが、考査・倫理の担当部署との協議はしなかったという内情を報じた。そこで「LGBT(性的少数者)を取り上げる場合は、その人権に十分配慮する」との民放連放送基準に基づき各局がガイドラインを設けているとし、性的少数者のみならずコンプライアンス重視を徹底すべきとする昨今のテレビ界の風潮を伝える内容だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  9. 9

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る