芥川賞ノミネート 3度目の正直狙う松尾スズキの下馬評は?

公開日: 更新日:

 個性派俳優としても活躍する松尾スズキ(55)の小説「もう『はい』としか言えない」(「文学界」3月号=文芸春秋)が、第159回芥川龍之介賞の候補作に選ばれた。「クワイエットルームにようこそ」(05年下半期)、「老人賭博」(09年下半期)に続くノミネートだけに三度目の正直といきたいところだろう。

 松尾は役者や作家としての肩書以外に、映画監督で脚本家で劇作家で演出家でもあるマルチな才能の持ち主だ。私生活では4年前に20歳以上年下の一般女性と再婚した夢のような中年ライフを送っている。今作の主人公は著者同様、離婚歴のある元役者のシナリオライター。前半部分では、再婚した妻に浮気がバレて1時間おきに自撮りの写メと毎日のセックスを欠かさないペナルティーが科せられるというエピソードが切実に描かれている。「これは実話か?」などと物語の展開とは別の楽しみ方もできるわけだが、肝心の賞レースはどうなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る