芥川賞ノミネート 3度目の正直狙う松尾スズキの下馬評は?

公開日: 更新日:

 個性派俳優としても活躍する松尾スズキ(55)の小説「もう『はい』としか言えない」(「文学界」3月号=文芸春秋)が、第159回芥川龍之介賞の候補作に選ばれた。「クワイエットルームにようこそ」(05年下半期)、「老人賭博」(09年下半期)に続くノミネートだけに三度目の正直といきたいところだろう。

 松尾は役者や作家としての肩書以外に、映画監督で脚本家で劇作家で演出家でもあるマルチな才能の持ち主だ。私生活では4年前に20歳以上年下の一般女性と再婚した夢のような中年ライフを送っている。今作の主人公は著者同様、離婚歴のある元役者のシナリオライター。前半部分では、再婚した妻に浮気がバレて1時間おきに自撮りの写メと毎日のセックスを欠かさないペナルティーが科せられるというエピソードが切実に描かれている。「これは実話か?」などと物語の展開とは別の楽しみ方もできるわけだが、肝心の賞レースはどうなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る