芥川賞ノミネート 3度目の正直狙う松尾スズキの下馬評は?

公開日:

 個性派俳優としても活躍する松尾スズキ(55)の小説「もう『はい』としか言えない」(「文学界」3月号=文芸春秋)が、第159回芥川龍之介賞の候補作に選ばれた。「クワイエットルームにようこそ」(05年下半期)、「老人賭博」(09年下半期)に続くノミネートだけに三度目の正直といきたいところだろう。

 松尾は役者や作家としての肩書以外に、映画監督で脚本家で劇作家で演出家でもあるマルチな才能の持ち主だ。私生活では4年前に20歳以上年下の一般女性と再婚した夢のような中年ライフを送っている。今作の主人公は著者同様、離婚歴のある元役者のシナリオライター。前半部分では、再婚した妻に浮気がバレて1時間おきに自撮りの写メと毎日のセックスを欠かさないペナルティーが科せられるというエピソードが切実に描かれている。「これは実話か?」などと物語の展開とは別の楽しみ方もできるわけだが、肝心の賞レースはどうなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る