吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

ドワンゴ創業者・川上量生<後編>イノシシのような剣幕で…

公開日:

 ドワンゴは放送法に縛られないため、タブーやアンタッチャブルがない。英国のBBCのスタッフに日本を撮らせようと私が提案したら、川上さんはしばらく考え、「それはいい。それならば日韓問題をやりましょう」と一言。英国視点で日韓問題を見たらこうなると日本人に伝えたいというわけだが、領土問題、従軍慰安婦問題など日本のメディアですら映像で真正面から突っ込んだものはないのにかなり挑戦的だった。

 だが英国での配信最終版が出来上がった時、歴史的誤謬(ごびゅう)が発見された。1965年の日韓基本条約が締結され、多額の賠償金が日本から支払われた。経済支援協力金の名目であった。この作品ではその説明の後、ある従軍慰安婦が「私たちはそれをもらっていない」との証言がつないであった。従軍慰安婦問題は90年代に浮上したから、ここは直すと言うと、「英国サイドがそう考えているのだから、そのままで良い!」と川上さんがイノシシのようなすごい剣幕(けんまく)で噛みついてきた。「これをそのまま配信したら大変な問題になりますよ」と押し問答は続いたが、「英国サイドにこの編集の意図を聞いてみましょう」ということで一応収まった。今、思えば川上さんは賠償金という名目で支払われたこの資金が“韓国復興のため”と言いながら“復興を手伝った日本企業に多く転がり込んだ”ということを知っていたのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る