吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

ドワンゴ創業者・川上量生<後編>イノシシのような剣幕で…

公開日: 更新日:

 ドワンゴは放送法に縛られないため、タブーやアンタッチャブルがない。英国のBBCのスタッフに日本を撮らせようと私が提案したら、川上さんはしばらく考え、「それはいい。それならば日韓問題をやりましょう」と一言。英国視点で日韓問題を見たらこうなると日本人に伝えたいというわけだが、領土問題、従軍慰安婦問題など日本のメディアですら映像で真正面から突っ込んだものはないのにかなり挑戦的だった。

 だが英国での配信最終版が出来上がった時、歴史的誤謬(ごびゅう)が発見された。1965年の日韓基本条約が締結され、多額の賠償金が日本から支払われた。経済支援協力金の名目であった。この作品ではその説明の後、ある従軍慰安婦が「私たちはそれをもらっていない」との証言がつないであった。従軍慰安婦問題は90年代に浮上したから、ここは直すと言うと、「英国サイドがそう考えているのだから、そのままで良い!」と川上さんがイノシシのようなすごい剣幕(けんまく)で噛みついてきた。「これをそのまま配信したら大変な問題になりますよ」と押し問答は続いたが、「英国サイドにこの編集の意図を聞いてみましょう」ということで一応収まった。今、思えば川上さんは賠償金という名目で支払われたこの資金が“韓国復興のため”と言いながら“復興を手伝った日本企業に多く転がり込んだ”ということを知っていたのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

  4. 4
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  5. 5
    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

もっと見る

  1. 6
    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

  2. 7
    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

  3. 8
    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

  4. 9
    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

  5. 10
    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚

    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚