スピルバーグ後継者 ジュラシック・ワールド最新作へ決意

公開日:

 全世界でメガヒット驀進中のアドベンチャー大作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(J・A・バヨナ監督、東宝東和配給)が来週13日、ついに日本で公開となる。生みの親であるスティーブン・スピルバーグにその手腕を認められ、前作の「ジュラシック・ワールド」(15年)から同シリーズに参画するのが“後継者”のコリン・トレボロウ氏(41=製作総指揮・脚本)。巨匠から“免許皆伝”を許された際のアドバイスなどについて聞いた。

「スピルバーグのアドバイスは“感覚的に楽しめる作品であることを最優先しろ”ってこと。ジュラシックシリーズは理論とかを深く考えだすと行き詰まってしまう。もちろん、敬意をはらいながら、しょせん恐竜映画じゃんって、ある種の開き直りみたいな態度で臨むように心がけたんだ」

 遺伝子工学で蘇った巨大恐竜の脱走により、テーマパークが破壊した島で起こる火山の大噴火。今作では環境保全や、恐竜の密輸でカネ儲けを企てる人間や権力の醜さ。そして、人間と恐竜の関係から映し出す“動物同士”の共存という壮大なテーマが描かれている。だが、「映画はあくまでエンターテインメント」で、警鐘を鳴らし、ことさら危機感をあおるのでなく「バランスが大事」だと強調する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る