スピルバーグ後継者 ジュラシック・ワールド最新作へ決意

公開日:

 全世界でメガヒット驀進中のアドベンチャー大作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(J・A・バヨナ監督、東宝東和配給)が来週13日、ついに日本で公開となる。生みの親であるスティーブン・スピルバーグにその手腕を認められ、前作の「ジュラシック・ワールド」(15年)から同シリーズに参画するのが“後継者”のコリン・トレボロウ氏(41=製作総指揮・脚本)。巨匠から“免許皆伝”を許された際のアドバイスなどについて聞いた。

「スピルバーグのアドバイスは“感覚的に楽しめる作品であることを最優先しろ”ってこと。ジュラシックシリーズは理論とかを深く考えだすと行き詰まってしまう。もちろん、敬意をはらいながら、しょせん恐竜映画じゃんって、ある種の開き直りみたいな態度で臨むように心がけたんだ」

 遺伝子工学で蘇った巨大恐竜の脱走により、テーマパークが破壊した島で起こる火山の大噴火。今作では環境保全や、恐竜の密輸でカネ儲けを企てる人間や権力の醜さ。そして、人間と恐竜の関係から映し出す“動物同士”の共存という壮大なテーマが描かれている。だが、「映画はあくまでエンターテインメント」で、警鐘を鳴らし、ことさら危機感をあおるのでなく「バランスが大事」だと強調する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る