レイザーラモンHG住谷正樹さん<5>コンビ仲深めたプロレス

公開日:

 新喜劇に入団し、どん底の時代を脱出すると、2005年にハードゲイのキャラクターが大当たりし、ブームが到来した。

 きっかけは新喜劇で共に活動していた小籔千豊さんと「ビッグポルノ」というユニットを結成したこと。そこで新喜劇でやらない笑いの取り組み、新キャラが生まれたのだ。

「もともと新喜劇でプレゼンしたんですが、『土曜の昼に流せるか!』と言われてたんで、日の目を見るとは思っていませんでしたね。ブレークした頃は、大阪が拠点でしたけど、睡眠時間は新幹線で取るしかないほど忙しくさせていただいて、当時の記憶はないんです。バイトも辞めさせてもらい、本当に芸人一本になりました。父親と約束した30歳までに芸人として芽を出すという約束も果たせましたね」

 多忙な毎日。コンビとして売れたいが、話す時間もなく、少し溝が生まれたこともあったと振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る