レイザーラモンHG住谷正樹さん<5>コンビ仲深めたプロレス

公開日:

 新喜劇に入団し、どん底の時代を脱出すると、2005年にハードゲイのキャラクターが大当たりし、ブームが到来した。

 きっかけは新喜劇で共に活動していた小籔千豊さんと「ビッグポルノ」というユニットを結成したこと。そこで新喜劇でやらない笑いの取り組み、新キャラが生まれたのだ。

「もともと新喜劇でプレゼンしたんですが、『土曜の昼に流せるか!』と言われてたんで、日の目を見るとは思っていませんでしたね。ブレークした頃は、大阪が拠点でしたけど、睡眠時間は新幹線で取るしかないほど忙しくさせていただいて、当時の記憶はないんです。バイトも辞めさせてもらい、本当に芸人一本になりました。父親と約束した30歳までに芸人として芽を出すという約束も果たせましたね」

 多忙な毎日。コンビとして売れたいが、話す時間もなく、少し溝が生まれたこともあったと振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る