• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

盲目の濱田祐太郎は視野の狭い健常者を「笑い」に変える

「おまえのことなんて眼中にねぇみたいな」(濱田祐太郎/フジテレビ「濱田祐太郎のした事ないこと!」6月3日放送)

「R―1ぐらんぷり」で優勝した、ほぼ全盲の漫談家・濱田祐太郎(28)が爆笑問題の太田光と対談した際、ネタの選び方を尋ねると、「俺はネタの種類っていうのはあんま、こだわんないの。政治のネタは作りやすいから作ってるだけで、別に社会に何か物申そうなんて気はさらさらないから。ウケりゃいいってだけ」と太田。その答えに濱田は、「今の話は、ほぼほぼ僕も一緒なんですよ。僕もウケるから目が見えないっていうのを(ネタで)やってるだけで」と目を輝かせた。

 濱田のネタは障害者の人権やバリアフリーなどを訴えているなどと言われることも多いというが、本人は「そんなこと一切考えてない」とバッサリ。一方で障害を笑いモノにしているから笑いにくいと言う人もいる。そうした過剰に意味づけしたり、拒否反応を示す人たちに対し、濱田ならではのユーモアをまぶせて語った言葉を今週は取り上げたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  8. 8

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  9. 9

    “のん待望論”封印「この世界の片隅に」松本穂香キスに絶賛

  10. 10

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

もっと見る