てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

盲目の濱田祐太郎は視野の狭い健常者を「笑い」に変える

公開日:

「おまえのことなんて眼中にねぇみたいな」(濱田祐太郎/フジテレビ「濱田祐太郎のした事ないこと!」6月3日放送)

「R―1ぐらんぷり」で優勝した、ほぼ全盲の漫談家・濱田祐太郎(28)が爆笑問題の太田光と対談した際、ネタの選び方を尋ねると、「俺はネタの種類っていうのはあんま、こだわんないの。政治のネタは作りやすいから作ってるだけで、別に社会に何か物申そうなんて気はさらさらないから。ウケりゃいいってだけ」と太田。その答えに濱田は、「今の話は、ほぼほぼ僕も一緒なんですよ。僕もウケるから目が見えないっていうのを(ネタで)やってるだけで」と目を輝かせた。

 濱田のネタは障害者の人権やバリアフリーなどを訴えているなどと言われることも多いというが、本人は「そんなこと一切考えてない」とバッサリ。一方で障害を笑いモノにしているから笑いにくいと言う人もいる。そうした過剰に意味づけしたり、拒否反応を示す人たちに対し、濱田ならではのユーモアをまぶせて語った言葉を今週は取り上げたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    安室奈美恵と樹木希林…残す言葉から“去り際”を研究する

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    マンション価格は2019年10月の消費増税を機に暴落する

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る