小島一慶さん<5>俳句会講師はお金にならないが 今が楽しい

公開日: 更新日:

 小島さんは今、「東京カルチャーセンター葛西」で2週間に一度、玉藻同人の名で俳句会の講師をしている。生徒の月会費は2回で4320円。あまりお金にはならない。

「一度の句会の準備にどれほどの時間を費やしているのか。恐らく数十時間になるでしょう。このために新宿の俳句文学館にも通っています。今の生活は、何も考えずにモノが買えたり、好きに旅行ができたりする立場にはありませんが、生徒さんたちと交わす会話が無性に心地良いのです」

 今でも伝えたいことは尽きないという。

「アナウンサー人生を振り返って一番悔しかったことは、カンツォーネの貴公子と呼ばれた村上進さんのラストステージでの司会です。村上さんは1994年の夏に46歳の若さで旅立たれましたが、その頃は末期のがんに侵され、やっと歌えるような状態でした。確か3曲ほど歌われたのですが、司会の僕が彼を紹介する際、『皆さん聴いてください。この人にとって最後の歌です』ということは言えるはずもない。ざわめく客席、実際に席を立って帰る人もいました。アナウンサーでありながら、伝えられないもどかしさ。人間は活字にされたり、声で説明されたりすると信じてしまう生き物ですが、真実というのは声が聴こえない、その向こう側にもあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  4. 4

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  5. 5

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  6. 6

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  10. 10

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

もっと見る