• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小島一慶さん<5>俳句会講師はお金にならないが 今が楽しい

 小島さんは今、「東京カルチャーセンター葛西」で2週間に一度、玉藻同人の名で俳句会の講師をしている。生徒の月会費は2回で4320円。あまりお金にはならない。

「一度の句会の準備にどれほどの時間を費やしているのか。恐らく数十時間になるでしょう。このために新宿の俳句文学館にも通っています。今の生活は、何も考えずにモノが買えたり、好きに旅行ができたりする立場にはありませんが、生徒さんたちと交わす会話が無性に心地良いのです」

 今でも伝えたいことは尽きないという。

「アナウンサー人生を振り返って一番悔しかったことは、カンツォーネの貴公子と呼ばれた村上進さんのラストステージでの司会です。村上さんは1994年の夏に46歳の若さで旅立たれましたが、その頃は末期のがんに侵され、やっと歌えるような状態でした。確か3曲ほど歌われたのですが、司会の僕が彼を紹介する際、『皆さん聴いてください。この人にとって最後の歌です』ということは言えるはずもない。ざわめく客席、実際に席を立って帰る人もいました。アナウンサーでありながら、伝えられないもどかしさ。人間は活字にされたり、声で説明されたりすると信じてしまう生き物ですが、真実というのは声が聴こえない、その向こう側にもあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る