• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

紅白の話題さっぱり…いっそ「思い出のメロディー」でいい

 18日の「第50回思い出のメロディー」(NHK)がとってもよかった。50回目の今回のテーマは「名曲でつなぐ 昭和と平成 わたしと明日」。

 司会は木村佳乃と氷川きよし、NHK高瀬耕造アナの3人。昭和から平成のヒット曲はテロップなど見なくても歌える曲ばかり。近年の「紅白」は知らない歌手の知らない曲が跋扈して盛り上がらないまま、気がつけば「ゆく年くる年」になっていることが往々にしてあるが、この番組はそんなこともなく、80代の父もうれしそうに見ていた。

 見どころは山ほど。まず特別企画「カラーでよみがえる 第1回思い出のメロディー」。昭和44年当時じゃほとんどの家庭が白黒テレビだったため、残っている映像も白黒のみ。そこで当時のスタッフへの取材や最新技術を駆使し、カラーで蘇らせた。

 第1回に出演した菅原都々子、北島三郎、森進一が出てきて当時の思い出話を披露しつつ、美空ひばりや並木路子、淡谷のり子らの歌唱シーンがカラーで流れた。さらに美輪明宏がふるさと長崎の浦上天主堂から「ヨイトマケの唄」を披露する企画や、西城秀樹の特集として朋友・野口五郎がヒデキの思い出を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る