桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

初回視聴率は軒並み2ケタ台も 夏ドラマのここが変だよ!

公開日:

 夏の連ドラが出揃ったが初回視聴率が軒並み2ケタ台なのは猛暑のおかげか。エアコンをガンガン効かせた部屋でドラマでも見ようかということだろうか。

 今クールはいろんな意味で負けられないというテレビ局の必死さが見え隠れする。たとえば早くも名作の呼び声高き「この世界の片隅に」(TBS系)。脚本が「ひよっこ」の岡田恵和ということもあるが、あの福島出身、なまりが強い眼鏡っ娘の青天目澄子、松本穂香がヒロインすず役、すずふり亭の女主人・鈴子の宮本信子が祖母、米屋の米子役の伊藤沙莉がご近所さんですずの夫・周作に思いを寄せていた刈谷幸子、そして、和菓子屋の息子ヤスハル、古舘佑太郎が現代パートの男の方だったりして、さながら「ひよっこ」同窓会。

 さらに、「カーネーション」尾野真千子に、「梅ちゃん先生」「わろてんか」松坂桃李、「べっぴんさん」土村芳、「わろてんか」子役の新井美羽と朝ドラキャスト総動員なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る