桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

初回視聴率は軒並み2ケタ台も 夏ドラマのここが変だよ!

公開日:

 夏の連ドラが出揃ったが初回視聴率が軒並み2ケタ台なのは猛暑のおかげか。エアコンをガンガン効かせた部屋でドラマでも見ようかということだろうか。

 今クールはいろんな意味で負けられないというテレビ局の必死さが見え隠れする。たとえば早くも名作の呼び声高き「この世界の片隅に」(TBS系)。脚本が「ひよっこ」の岡田恵和ということもあるが、あの福島出身、なまりが強い眼鏡っ娘の青天目澄子、松本穂香がヒロインすず役、すずふり亭の女主人・鈴子の宮本信子が祖母、米屋の米子役の伊藤沙莉がご近所さんですずの夫・周作に思いを寄せていた刈谷幸子、そして、和菓子屋の息子ヤスハル、古舘佑太郎が現代パートの男の方だったりして、さながら「ひよっこ」同窓会。

 さらに、「カーネーション」尾野真千子に、「梅ちゃん先生」「わろてんか」松坂桃李、「べっぴんさん」土村芳、「わろてんか」子役の新井美羽と朝ドラキャスト総動員なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る