「ミッドウェイ」勝つはずのミッドウェー海戦でなぜ負けた

公開日:

 これに対して、日本軍は「敵機動部隊は来ない」と油断する。しかも、索敵の一機は30分遅れで発進。この機の守備範囲に敵がいた上に、後発の索敵機は無線が故障する。

 さらに南雲が判断ミスを犯す。キーワードは「雷・爆・雷」だ。当初は攻撃機に魚雷を抱かせていたが、ミッドウェー島への第2次攻撃を要請されて陸用爆弾に転装。そこに敵発見と聞いて魚雷に付け替え、時間をロスしてしまう。護衛機は敵機を撃墜するが、真上から来た攻撃機によって空母の赤城、加賀、蒼龍が炎上。飛龍も海に沈む。

 ミッドウェー海戦は「運命の5分」といわれる。攻撃機の発艦があと5分早ければ負けなかったとの考えだが、今では否定されている。5分で全機を出撃させるのは不可能だからだ。

 そもそも1次攻撃でミッドウェー島に敵機がいなかったときにワナだと気づくべきだった。また、山本の真の目的が敵機動部隊壊滅だったことを南雲は理解できなかった。しっかり説明しなかった山本も悪い。

 かくして大戦果をあげて米国と講和に持ち込もうという山本の計画は頓挫。海戦後、山本はあちこちの前線を視察し、43年にブーゲンビル島上空で戦死した。その行動から「山本は死に場所を求めていた」といわれている。

(森田健司)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る