城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

アノ目で見られると男は誤解…葉月里緒奈は天性の人たらし

公開日:

「彼女、質問したら、ちゃんとこちらの目を見てにこやかに答えてくれるんだ」と、みんな自分は好印象を持たれていると“誤解”していたものだ。

 また、別の取材で彼女に単独で話を聞いた記者は、「嫌な質問にも笑顔で応じて、最後は『また会いましょう』と言ってくれた」と喜んでいた。僕は「また会いたいわけないだろう!」と突っ込んだものだ。

 だが、そういうところが彼女の天性の魅力だとも気付いていた。その才能が女優としても最初から開花したのだろう。豊かな表情も天性のものと言っていい。

 彼女がそれまで自由に好き勝手やっても通用してきたのも分かる。結婚も自由気まま、最初の相手はハワイの寿司職人。まあ、彼というよりハワイと結婚したようなもので、わずか2カ月で離婚。次が不動産会社の御曹司。そして今回も不動産関係。いま暮らしている2世帯住宅に前の夫との間にできた中学生のお嬢さんが遊びに来るのだそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

もっと見る