桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

酒を飲ませなきゃ本音を引き出せないなんてMC失格だ

公開日:

 8月31日は山田優が登場、夫・小栗旬との結婚生活の不満などを包み隠さず暴露。さらに親友の西山茉希まで出てきて山田の味方をするから、小栗の立場は悪くなるばかり。「やらかすごとに言うことを聞くようになってる」などと言われ主導権は山田にある。一緒にお風呂に入るかという話題にも「たまにはね」とバラされ、小栗も商売上がったりでは。

「西郷どん」の坂本龍馬が評判いいのに家では浮気の代償に皿洗いをさせられるなんて。知りとーなかった。それでも「ダウンタウンなう」はロケなのでおいしい店情報もあり、役立つが、「スナック有吉」はセットだからそれもない。

 これなら鼻の穴全開でゲテモノにかぶりつく高橋真麻を見ている方がまだ面白かった。

■「あさイチ」が始まって華丸は面白さ半減

 気のせいかもしれないが、酒飲み番組の先駆け、博多華丸・大吉の華丸は「博多華丸のもらい酒みなと旅2」、大吉は「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」(ともにテレビ東京系)と別々に飲み番組を担当している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る