二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

年相応の体型が示す…“ジュリー”を捨てた沢田研二の美学

公開日: 更新日:

 観客動員数が予定に満たなかったと、「さいたまスーパーアリーナ」公演をドタキャンした沢田研二(70)。当然のようにバッシングが起きる一方で、GS時代に覇を競った堺正章のように「理解できる部分はある。それが沢田の美学」と認める声も少なくない。

 ドタキャンは「沢田らしい」ともいわれる背景にあるのが、これまで貫き通してきた沢田のポリシー。ソロ歌手として一時代を築いた沢田の全盛期は強烈なインパクトがあった。メークとセクシーな衣装で甘く切なく歌う姿は男をも魅了。「アイドルが束になってもかなわない」といわれるほどのスーパースターだった。ビジュアル歌手の先駆者であり、後輩歌手も憧れる存在だが、当時は「男が化粧して」と非難する声もあった。

「沢田はシーソーのように味方半分、敵半分でバランスが取れる歌手を理想の形としている。化粧や衣装で賛否が起こり騒ぎになることは織り込み済み。嫌いな人も騒ぐほど関心が高いことの証明。今回の騒動も他の歌手だったら批判しか起こらないが、沢田だから賛否が起きた。年を取っても沢田の根底にあるものは変わっていないと感じた」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る