「欅坂46」長濱ねる 写真集バカ売れの秘密は“清楚×郷土愛”

公開日: 更新日:

 欅坂46の長濱ねる(20)の写真集「ここから」(講談社)が4日、10度目の重版が決定。累計発行部数は20万部を達成した。近年、写真集は事前予約購入が多く、一般的には1カ月で売れ行きが収束。3カ月続けばロングランのところ、同作は1年経った今も売れ続け、品薄状態だというからスゴイ。

 写真集は故郷の長崎・五島列島の中通島を中心に撮影。大胆なビキニ姿など、膝丈スカートの清純派イメージからはギャップのあるグラビアもインパクトがあった。

「性別問わず誰が見ても楽しめる、普遍的な作品にしようと衣装もノスタルジックなものを選びました。長濱さんは今年2月に長崎市観光大使に就任され、地元・長崎を中心に幅広い年齢層の方から支持をいただいています」(担当編集者)

 地元では有志がロケ地を記した「ねるちゃんマップ」を配布。ファンの間では“聖地巡り”もブームになっているという。また来年2月に放映されるNHK長崎のご当地ドラマ『かんざらしに恋して』の出演も決定し、もはや“長崎の顔”だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る