「欅坂46」長濱ねる 写真集バカ売れの秘密は“清楚×郷土愛”

公開日:

 欅坂46の長濱ねる(20)の写真集「ここから」(講談社)が4日、10度目の重版が決定。累計発行部数は20万部を達成した。近年、写真集は事前予約購入が多く、一般的には1カ月で売れ行きが収束。3カ月続けばロングランのところ、同作は1年経った今も売れ続け、品薄状態だというからスゴイ。

 写真集は故郷の長崎・五島列島の中通島を中心に撮影。大胆なビキニ姿など、膝丈スカートの清純派イメージからはギャップのあるグラビアもインパクトがあった。

「性別問わず誰が見ても楽しめる、普遍的な作品にしようと衣装もノスタルジックなものを選びました。長濱さんは今年2月に長崎市観光大使に就任され、地元・長崎を中心に幅広い年齢層の方から支持をいただいています」(担当編集者)

 地元では有志がロケ地を記した「ねるちゃんマップ」を配布。ファンの間では“聖地巡り”もブームになっているという。また来年2月に放映されるNHK長崎のご当地ドラマ『かんざらしに恋して』の出演も決定し、もはや“長崎の顔”だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る