目玉なき平成最後の紅白 NHKがすがる歌以外の“隠し玉”

公開日: 更新日:

 14日に出場歌手が発表された「第69回NHK紅白歌合戦」は目玉不在。初出場は、あいみょん、DAOKOらの6組だが、いまいちピンとこない歌手が多い。

 原爆Tシャツ問題で“ミソ”をつけた韓国の7人組男性グループ「BTS(防弾少年団)」は落選。平成最後の紅白は危機に瀕している。

「BTSには期待していたと思いますが、受信料で成り立っているNHKは視聴者の声を無視することはできません。局としては『集牧宣言』して1年10カ月ぶりに活動を再開した『いきものがかり』を目玉に推していますが、昨年の安室奈美恵に比べると話題性に乏しい」(テレビ局関係者)

■未来に向けてどんな演出が?

 物寂しい紅白になりそうだが、NHKが“救世主”として期待しているのが、チコちゃんと総合司会の「ウッチャンナンチャン」内村光良。そしてNHK朝ドラ「半分、青い。」でヒロインを務めた永野芽郁だという。永野はスペシャルゲストとして出演する可能性があるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る