桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

公開日:

 2日放送の「M―1グランプリ2018」(テレビ朝日系)は霜降り明星の優勝で終了したが、今年は本編よりも終わった後のゴタゴタがいつまでも騒がしい。例のとろサーモン久保田&スーパーマラドーナ武智が「M―1」終了後の打ち上げで審査員・上沼恵美子に対し酔った勢いで暴言を吐いて、こともあろうに、それをネットに上げたうんぬんについてのことだ。

 そこから2人の所属する吉本芸人の先輩たちが個々に出演番組やイベントでコメントし、代わりにおわびをしたり。それがまたさらなる波紋を呼んで、まったく収束の気配を見せない。博多大吉がラジオで「僕史上、最大級のカミナリを落とす」と言っていたが、あの温厚そうな大吉にそこまで言わせるとは……。

 審査員でもある松本人志が「ワイドナショー」(フジテレビ系)で「上沼さんがどれだけすごい芸人なのかわかっていない。勉強不足」と2人に苦言を呈し、「いくら酔ってたからといっても、まったく思ってないことは言わへんやろうしね」とも。「しばらくスーパーでトロもサーモンも買えへんわ」という松本独特の表現も、深読みすればいろんな意味にもとれる。久保田と武智もこういうコメントが言えればよかったのに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る