井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

懲らしめたい気持ちは分かるが…“盗人”呼ばわりは名誉毀損

公開日: 更新日:

 元神戸市議との交際を明らかにした元SPEEDで参議院議員の今井絵理子(35)。週刊誌により交際が不倫と報じられたうえ、架空の領収書を偽造するなどして700万円近い政務活動費を不正に得た詐欺容疑により、相手が裁判中という事情もあって今井を非難するコメントがSNSに殺到した。

 このときに多く見られたのが、両名への「税金泥棒」、元神戸市議への「犯罪者」「詐欺師」という言葉だ。

 そう指弾したい気持ちはわかるが、場合によっては名誉毀損などで訴えられ、それなりの額の賠償が認められてしまう、きわめて危険な言葉遣いである。

 もうひとつ、同じような炎上があった。7月5日、記録的な豪雨が降り始めたまさにその日、赤坂の議員宿舎で自民党議員が宴会を開き、その様子を参議院議員の片山さつきや官房副長官の西村康稔らがSNSで自ら報告していたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  4. 4

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    渡辺GM語る 浅村・雄星移籍で「チームまとまる」の根拠

もっと見る