井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

懲らしめたい気持ちは分かるが…“盗人”呼ばわりは名誉毀損

公開日: 更新日:

 元神戸市議との交際を明らかにした元SPEEDで参議院議員の今井絵理子(35)。週刊誌により交際が不倫と報じられたうえ、架空の領収書を偽造するなどして700万円近い政務活動費を不正に得た詐欺容疑により、相手が裁判中という事情もあって今井を非難するコメントがSNSに殺到した。

 このときに多く見られたのが、両名への「税金泥棒」、元神戸市議への「犯罪者」「詐欺師」という言葉だ。

 そう指弾したい気持ちはわかるが、場合によっては名誉毀損などで訴えられ、それなりの額の賠償が認められてしまう、きわめて危険な言葉遣いである。

 もうひとつ、同じような炎上があった。7月5日、記録的な豪雨が降り始めたまさにその日、赤坂の議員宿舎で自民党議員が宴会を開き、その様子を参議院議員の片山さつきや官房副長官の西村康稔らがSNSで自ら報告していたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る